最近の主な研究発表

著書
  1. 渡部英二 監修,久保田彰,神野健哉,陶山健仁,田口亮 共著:基本からわかる信号処理講義ノート,ISBN978-4-274-21531-5,オーム社,2014

査読付学術論文(referred papers)
  1. Tomohiro Sasahara and Kenji Suyama : Design of CSD Coefficient FIR Filters Using ACO, IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E100-A, No.8, pp. , 2017(accepted)
  2. Haruna Aimi and Kenji Suyama : IIR Filter Design Using Multi-Swarm PSO Based on Particle Reallocation Strategy, IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E99-A, No.11, pp.1947-1954, 2016
  3. Takuya Imaizumi and Kenji Suyama : An Effective Allocation of Non-zero Digits for CSD Coefficient FIR Filters Using 0-1PSO, IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E99-A, No.10, pp.1782-1789, 2016
  4. Kazuki Saitoh and Kenji Suyama : Design of CSD Coefficient FIR Filters using PSO with Penalty Function, IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E98-A, No.12, pp.2625-2632, 2015
  5. 平川真里,陶山健仁 : Kinect搭載の不等間隔マイクロホンアレーによる2音源追尾,電子情報通信学会論文誌,Vol.J98-A,No.11,pp.600-609,2015
  6. 平川真里,大和田昇,陶山健仁:DOA推定結果のヒストグラムを利用したPAST-IPLSによる2音源追尾の演算量削減,Journal of Signal Processing, Vol.19, No.5, pp.183-193, 2015
  7. Yuji Nishimura and Kenji Suyama : An Avoidance of Local Minimum Stagnation in IIR Filter Design Using PSO, IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E98-A, No.7, pp.1544-1548, 2015
  8. 松田尚頼,陶山健仁:MUSICに基づくパーティクルフィルタによる2音源追尾の高速化, Journal of Signal Processing, Vol.19, No.1, pp.15-25, 2015
  9. 大森征一,陶山健仁:Particle Swarm Optimizationによる音源方向追尾,電子情報通信学会論文誌,Vol.J97-A,No.12,pp.753-762,2014
  10. 齋藤一幾,陶山健仁:PSOによるCSD係数FIRフィルタの設計,電子情報通信学会論文誌,Vol.J97-A,No.5,pp.358-368,2014
  11. 佐藤祐馬,陶山健仁:FIRフィルタの複素チェビシェフ近似設計のための効果的な計算手法,電子情報通信学会論文誌,Vol.J96-A,No.9,pp.687-690,2013
  12. 伊東洋祐,陶山健仁:SOAによるIIRフィルタ設計における局所解停留回避,電気学会論文誌C,Vol.133-C,No.7,pp.1331-1338,2013
  13. 梅津浩史,陶山健仁:局在音声エネルギーを追従する複数音源定位法,電子情報通信学会論文誌,Vol.J95-A,No.10,pp.756-759,2012
  14. 堤俊太郎,陶山健仁:Ant Colony Optimizationによる離散係数FIRフィルタ設計,電気学会論文誌C,Vol.132-C,No.7,pp.1066-1071,2012
  15. 前田繰一朗,梅津浩史,陶山健仁:マイクロホン間隔の拡張による複数音源定位の性能改善,電子情報通信学会論文誌,Vol.J95-A,No.6,pp.523-526,2012
  16. 松本拓也,陶山健仁:極と零点を近似パラメータとしたPSOによるIIRフィルタの複素チェビシェフ近似,電子情報通信学会論文誌,Vol.J95-A,No.6,pp.481-490,2012
  17. 前田繰一朗,染谷貴徳,陶山健仁:音声のスパース性に基づく信頼性重み付け分布による複数音源定位,電子情報通信学会論文誌,Vol.J95-A,No.3,pp.247-260,2012
  18. 松本拓也,陶山健仁:通過域平たん阻止域等リプル振幅特性をもつ平たん群遅延IIRフィルタの設計,電子情報通信学会論文誌,Vol.J94-A,No.3,pp.159-167,2011
  19. Noboru Owada, Daisuke Tsuji and Kenji Suyama : Stable sound source tracking based on two updating algorithms, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol.6,No.1,pp.30-36,2011
  20. 押田賢浩,大和田昇,陶山健仁:客観的品質評価尺度による移動話者追尾手法の性能評価,電子情報通信学会論文誌,Vol.J93-A,No.9,pp.583-593,2010
  21. 山崎崇之,陶山健仁:正実性の拡張による安定なIIRフィルタの設計,電子情報通信学会論文誌,Vol.J93-A,No.8,pp.517-526,2010
  22. 北村祥介,陶山健仁:線形半無限計画法による方向拘束条件を有するマイクロホンアレーの最適指向性設計,電子情報通信学会論文誌,Vol.J93-A,No.4,pp.237-247,2010
  23. 大和田昇,陶山健仁:多峰性評価関数に対する逐次解法に基づく複数移動音源追尾,電子情報通信学会論文誌,Vol.J93-A,No.4,pp.248-259,2010
  24. 香坂匡紀,陶山健仁:周波数領域目的音抽出システムの試作と実環境性能評価,電気学会論文誌C,Vol.129-C,No.1,pp.87-93,2009
    (Masanori Kousaka and Kenji Suyama : Implementation of Target Sound Extraction System in Frequency Domain and Its Performance Evaluation on Actual Room Environments, Vol.94, No.7, pp.9-16, 2011)
  25. 辻大亮,陶山健仁:実環境における逐次部分空間推定に基づく移動音源定位,電気学会論文誌C,Vol.129-C,No.1,pp.79-86,2009
    (Daisuke Tsuji and Kenji Suyama : Moving Sound Source Localization Based on Sequential Subspace Estimation in Actual Room Environments, Electronics and Communications in Japan, Vol.94, No.7, pp.17-26, 2011)
  26. 尾崎裕一,陶山健仁:非零桁数に制約をもつCSD係数FIRフィルタの最適設計,電気学会論文誌C,Vol.129-C,No.1,pp.59-64,2009 (平成20年度電子・情報・システム部門誌論文奨励賞受賞)
    (Yuichi Ozaki and Kenji Suyama : Optimal Design of CSD Coefficient FIR Filters Subject to Number of Nonzero Digits, Electronics and Communications in Japan, Vol.94, No.6, pp.10-16, 2011)
  27. 山崎崇之,陶山健仁:線形半無限計画法によるIIRフィルタの最適設計,電気学会論文誌C,Vol.129-C,No.1,pp.53-58,2009
    (Takayuki Yamazaki and Kenji Suyama : Optimal Design of IIR Filters Using Linear Semi-Infinite Programming Method, Electronics and Communications in Japan, Vol.94, No.6, pp.17-23, 2011)
  28. Rika Ito, Tetsuya Fujie, Kenji Suyama and Ryuichi Hirabayashi : Design methods of FIR filters with signed power of two coefficients using a new linear programming relaxation with triangle inequalities, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.2, No.2, pp.441-448, 2006
  29. 陶山健仁, 高橋弘太 : 信号空間の固有値に基づく線形フィルタによる目的音抽出, Journal of Signal Processing, Vol.9, No.3, pp.221-229, 2005
  30. Rika Ito and Kenji Suyama, A heuristic approach of SP2 term allocation for FIR filter based on least mean square criteria, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.1, No.1, pp.65-71, 2005
  31. 陶山健仁, 高橋弘太 : 内点最小2乗アルゴリズムによる数値的に安定な移動雑音除去, 電気学会論文誌C, Vol.124-C, No.6, pp.1274-1279, 2004
  32. 陶山健仁, 高橋弘太 : 信号間の類似度を指標として線形フィルタを学習する目的音抽出, 電気学会論文誌C, Vol.124-C, No.5, pp.1134-1140, 2004
    (Kenji Suyama and Kota Takahashi : Target sound extraction utilizing similarity between signals as index for learning of linear filter, Electrical Engineering in Japan, Vol.155, Issue.3, pp.45-52, 2006)
  33. 陶山健仁, 高橋弘太 : マイクロホン間の振幅比に基づいて線形フィルタの教師信号を生成する目的音強調法, Journal of Signal Processing, Vol.7, No.5, pp.385-392, 2003
  34. 陶山健仁, 高橋弘太 : 位相情報を利用した2chマイクロホンアレーによる目的音抽出, 電気学会論文誌C, Vol.123-C, No.7, pp.1271-1276, 2003
  35. 陶山健仁, 高田憲一, 平林隆一, 岩倉博 : 線形半無限計画法によるFIRフィルタの複素チェビシェフ近似, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J86-A, No.1, pp.1-8, 2003
    (Kenji Suyama, Ken'ichi Takada, Ryuichi Hirabayashi and Hiroshi Iwakura : Complex Chebyshev approximation for FIR filters using linear semi-infinite programming method, Electronics and Communications in Japan(Part III: Fundamental Electronic Science), Vol.87, Issue.3, pp.49-57, 2003)
  36. Kenji Suyama, Kota Takahashi and Ryuichi Hirabayashi : A robust technique for sound source localization method based on the penalty function, Journal of Signal Processing, Vol.6, No.5, pp.323-332, 2002
  37. Kenji Suyama, Kota Takahashi and Hiroshi Iwakura : A new criterion based on entropy for selecting an optimum signal processing algorithm, Journal of Signal Processing, Vol.1, No.6, pp.439-448, 1997
  38. 陶山健仁, 高橋弘太, 岩倉博 : 2段階のデータ選別による複数音源定位,電子情報通信学会論文誌, Vol.J79-A, No.6, pp.1127-1137, 1996

査読付国際会議論文(referred international conference papers)
  1. Tomohiro Sasahara and Kenji Suyama : Search Process in Metaheuristics for CSD Coefficient FIR Filter Design, Proceedings of APSIPA ASC 2016, PID-67, 2016(Jeju, Korea)
  2. Naoki Shinohara and Kenji Suyama : Target Sound Enhancement Method by Two Microphones Based on DOA Estimation Results, Proceedings of IEEE ISESD2016, PID-23, 2016(Bandung, Indonesia)
  3. Haruna Aimi and Kenji Suyama : Multi-Constrained IIR Filter Design Using PSO, Proceedings of IEEE ISESD2016, PID-22, 2016(Bandung, Indonesia)
  4. Kenta Omiya and Kenji Suyama : Two Microphone Approach for Multiple Sound Source Tracking, Proceedings of IEEE ISESD2016, PID-93, 2016(Bandung, Indonesia)
  5. Haruna Aimi and Kenji Suyama : Design of IIR Filters with Constraints Using Multi-Swarm PSO, Proceedings of IEEE ISPACS2016, pp.476-481, 2016(Phuket, Thailand)
  6. Tomohiro Sasahara and Kenji Suyama : Verification of Search Process in CSD Coefficient FIR Filter Design, Proceedings of IEEE ISPACS2016, pp.482-486, 2016(Phuket, Thailand)
  7. Kenta Omiya and Kenji Suyama : Sound Source Tracking via Two Microphones Based on MUSIC Using PSO, Proceedings of IEEE ISPACS2016, pp.50-55, 2016(Phuket, Thailand)
  8. Naoki Shinohara and Kenji Suyama : Speech Enhancement Based on Sound Source Localization Results, Proceedings of ITC-CSCC2016, pp.827-830, 2016(Okinawa, Japan)
  9. Yuto Arie and Kenji Suyama : Evolutionary Stagnation Avoidance for Design FIR FIlters Using GA, Proceedings of ITC-CSCC2016, pp.823-826, 2016(Okinawa, Japan)
  10. Katsuya Nakazawa and Kenji Suyama : Multiple Sound Source Tracking via Avoidance of Spatial Aliasing, Proceedings of ITC-CSCC2016, pp.775-778, 2016(Okinawa, Japan)
  11. Haruna Aimi and Kenji Suyama : Design of Constrained IIR Filters Using PSO, Proceedings of ITC-CSCC2016, pp.771-774, 2016(Okinawa, Japan)
  12. Kenzo Yamamoto and Kenji Suyama : Design of IIR Filters Using PSO with Improved Intensification and Diversification Ability, Proceedings of ITC-CSCC2016, pp.767-770, 2016(Okinawa, Japan)
  13. Tomohiro Sasahara and Kenji Suyama : An ACO Approach for Design of CSD Coefficient FIR Filters, Proceedings of APSIPA ASC 2015, pp.463-468, 2015(HongKong, China)
  14. Haruna Aimi and Kenji Suyama : Performance Evaluation of IIR Filter Design Using Multi-Swarm PSO, Proceedings of APSIPA ASC 2015, pp.469-475, 2015(HongKong, China)
  15. Yusuke Shiiki and Kenji Suyama : Omnidirectional Sound Source Tracking Based on Sequential Updating Histogram, Proceedings of APSIPA ASC 2015, pp.1249-1256, 2015(HongKong, China)
  16. Tomohiro Sasahara and Kenji Suyama : An Effectiveness of ACO Approach in Design of CSD Coefficient FIR Filters, Proceedings of ISPACS2015, pp.580-585, 2015(Bali, Indonesia)
  17. Haruna Aimi and Kenji Suyama : A Heuristic Approach for Designing Microphone Array Directivity Based on PSO, Proceedings of ISPACS2015, pp.107-111, 2015(Bali, Indonesia)
  18. Yusuke Shiiki and Kenji Suyama : Multiple Omnidirectional Sound Source Tracking using Sequential Updating Histogram, Proceedings of ISPACS2015, pp.112-117, 2015(Bali, Indonesia)
  19. Tomohiro Sasahara and Kenji Suyama : An Acceleration of Designing FIR Filters with CSD Coefficients Using ACO, Proceedings of ISCIT2015, pp.25-28, 2015(Nara, Japan)
  20. Haruna Aimi and Kenji Suyama : Design of IIR Filters by Determining Particle Reallocation Space Using Multi-Swarm PSO, Proceedings of ISCIT2015, pp.29-32, 2015(Nara, Japan)
  21. Tomohiro Sasahara and Kenji Suyama : Performance Evaluation in Design of CSD Coefficient FIR Filters Using ACO, Proceedings of SISA2015, pp.5-9, 2015(Chiba, Japan)
  22. Haruna Aimi and Kenji Suyama : Suitable Number of Swarms in Multi-Swarm PSO for Design of IIR Filters, Proceedings of SISA2015, pp.10-13, 2015(Chiba, Japan)
  23. Takuya Imaizumi and Kenji Suyama : An Effective Reduction of Subproblems in Design of CSD Coefficient FIR Filters, Proceedings of APSIPA ASC 2014, 2014(Siem Reap, Cambodia)
  24. Masato Hirakawa and Kenji Suyama : Multiple Sound Source Tracking by Adding Penalty Function, Proceedings of ITC-CSCC2014, pp.181-184, 2014(Phuket, Thailand)(Best Paper Award受賞)
  25. Yuji Nishimura and Kenji Suyama : Design of IIR Filters using Multi-swarm PSO, Proceedings of ITC-CSCC2014, pp.460-463, 2014(Phuket, Thailand)
  26. Masato Hirakawa and Kenji Suyama : Multiple Sound Source Tracking by Two Microphones using PSO, Proceedings of IEEE ISPACS2013, 2013(Okinawa, Japan)
  27. Yuji Nishimura and Kenji Suyama : An Avoidance of Premature Convergence in IIR Filter Design using PSO, Proceedings of APSIPA ASC 2013, 2013(Kaohsiung, Taiwan)
  28. Takuya Imaizumi and Kenji Suyama : An Effective Allocation of Non-zero Digits for CSD Coefficient FIR Filters Using 0-1PSO, Proceedings of APSIPA ASC 2013, 2013(Kaohsiung, Taiwan)
  29. Kazuki Saitoh and Kenji Suyama : A Local Minimum Stagnation Avoidance in Design of CSD Coefficient FIR Filters by Adding Gaussian Function, Proceedings of APSIPA ASC 2013, 2013(Kaohsiung, Taiwan)
  30. Hiroshi Umezu and Kenji Suyama : Multiple Sound Source Localization based on Local Existence Property of Speech Signal, Proceedings of 2011 WASET International Conference on Communications and Signal Processing, ICCSP2011, pp.676-679, 2011(Phuket, Thailand)
  31. Kenji Suyama, Masahiro Oshida, and Noboru Owada : Multiple Moving Talker Tracking by Integration of Two Successive Algorithms, Proceedings of 2011 WASET International Conference on Communications and Signal Processing, ICCSP2011, pp.738-741, 2011(Phuket, Thailand)
  32. Nobuo Takahashi and Kenji Suyama : Design of CSD coefficient FIR filters based on branch and bound method, Proceedings of 10th IEEE International Symposium on Communications and Information Technologies, ISCIT2010, pp.570-573, 2010(Tokyo, Japan)
  33. Noboru Ohwada and Kenji Suyama : Fast sound source tracking method using two successive algorithms, Proceedings of 2009 IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, ISPACS2009, pp.295-298, 2009(Kanazawa, Japan)
  34. Noboru Ohwada and Kenji Suyama : Multiple sound source tracking method based on subspace tracking, Proceedings of 2009 IEEE Workshop on Application of Signal Processing to Audio and Acoustics, WASPAA2009, pp.217-220, 2009(NewYork, USA)
  35. Daisuke Tsuji and Kenji Suyama : A moving sound source tracking based on two successive algorithms, Proceedings of 2009 IEEE International Symposium on Circuits and Systems, ISCAS2009, pp.2577-2580, 2009(Taipei, Taiwan)
  36. Kenji Suyama and Kota Takahashi : A talker tracking method using two microphones based on the sound source localization, Proceedings of 2005 European Signal Processing Conference, EUSIPCO2005, ThuAMPO2, 2005
  37. Rika Ito, Tetsuya Fujie, Kenji Suyama and Ryuichi Hirabayashi : A heuristic approach for design of FIR filters with SP2 coefficients, Proceedings of 2004 IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems, APCCAS2004(Tainan, Taiwan), pp.1117-1120, 2004
  38. Rika Ito, Tetsuya Fujie, Kenji Suyama and Ryuichi Hirabayashi : A new heuristic approach for design of FIR filters with SP2 coefficients in a min-max sense, Proceedings of 7th International Conference on Signal Processing, ICSP'04(Beijing, China), pp.81-84, 2004
  39. Rika Ito, Tetsuya Fujie, Kenji Suyama and Ryuichi Hirabayashi : A powers-of-two term allocation algorithm for designing FIR filters with CSD coefficients in a min-max sense, Proceedings of 12th European Signal Processing Conference, EUSIPCO2004(Vienna, Austria), pp.987-990, 2004
  40. Rika Ito, Tetsuya Fujie, Kenji Suyama and Ryuichi Hirabayashi : A new heuristic signed power-of-two term allocation approach for designing of FIR filters, Proceedings of 2003 IEEE International Symposium on Circuits and Systems, ISCAS2003(Bangkok, Thailand), pp.IV-285-288, 2003
  41. Rika Ito, Tetsuya Fujie, Kenji Suyama and Ryuichi Hirabayashi : New design methods of FIR filters with SP2 coefficients based on a new linear programming relaxation with triangle inequalties, Proceedings of 11th European Signal Processing Conference, EUSIPCO2002(Toulouse, France), pp.II-615-618, 2002
  42. Rika Ito, Tetsuya Fujie, Kenji Suyama and Ryuichi Hirabayashi: FIR filter design method by a new linear programming relaxation with triangle inequalties, Proceedings of The 4th International Symposium on Operations Research and Its Applications, ISORA2002(Yichang-Chongqing, China), pp.202-210, 2002
  43. Rika Ito, Tetsuya Fujie, Kenji Suyama and Ryuichi Hirabayashi : New design methods of FIR filters with signed power of two coefficients using a new linear programming relaxation with triangle inequalties, Proceedings of 2002 IEEE International Symposium on Circuits and Systems, ISCAS2002(Arizona, USA), pp.I-813-816, 2002
  44. Kenji Suyama, Ken'ichi Takada, Ryuichi Hirabayashi and Hiroshi Iwakura : Optimal design of FIR filters in complex Chebyshev sense using semi-infinite programming method, 2002 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing, ICASSP2002(Florida, USA), pp.III.3140-III.3143, 2002
  45. Kenji Suyama, Kota Takahashi and Ryuichi Hirabayashi : A robust technique for sound source localization in consideration of room capacity, 2001 IEEE Workshop on Application of Signal Processing to Audio and Acoustics, WASPAA'01(NewYork, USA), pp.63-66, 2001
  46. Rika Ito, Kenji Suyama and Ryuichi Hirabayashi : Design of discrete coefficients FIR filter based on semi-infinite optimization technique, European Conference on Circuit Theory and Design, ECCTD'01(Espoo, Finland), pp.I-233-236, 2001
  47. Rika Ito, Kenji Suyama and Ryuichi Hirabayashi : Optimal design method for FIR filter with discrete coefficients based on integer semi-infinite linear programs, 2001 IEEE International Conference on Acoustic, Speech and Signal Processing, ICASSP2001(Saltlake, USA), pp.VI-3805-3808, 2001
  48. Rika Ito, Kenji Suyama and Ryuichi Hirabayashi : Optimal design of FIR filter with discrete coefficients based on integer semi-infinite linear programs, Proceedings of 2001 IEEE International Symposium on Circuits and Systems, ISCAS2001(Sydney, Australia), pp.II-629-632, 2001
  49. Kenji Suyama and Ryuichi Hirabayashi : A learning algorithm for adaptive microphone array based on mathematical programming methods, Proceedings of 2000 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, ICASSP2000, pp.II-861-864, 2000
査読付国内会議論文(referred domestic conference papers)
  1. 有江勇人,陶山健仁:探索の多様性を持続するCSD係数FIRフィルタ設計,第29回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.163-168,2016
  2. 山本健造,陶山健仁:多様化能力を向上したPSOによるIIRフィルタ設計,第29回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.169-174,2016
  3. 笹原知博,陶山健仁:ACOの探索経路モデルを改良したCSD係数FIRフィルタ設計,第28回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.178-183,2015
  4. 曾見春奈,陶山健仁:再配置のための群を選択する複数群PSOを用いたIIRフィルタ設計,第28回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.184-189,2015
  5. 青木繁治,陶山健仁:複数の仮想マイクロホン信号を用いた移動音源分離,第27回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.345-350,2014
  6. 平川真里,陶山健仁:不等間隔マイクロホンアレーによる複数音源追尾,第27回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.341-344,2014
  7. 曾見春奈,伊東洋祐,陶山健仁:個体再配置によるIIRフィルタ設計における早期収束回避,第27回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.203-208,2014 (第27回 回路とシステムワークショップ奨励賞受賞)
  8. 西村勇司,陶山健仁:ペナルティ付加範囲選択型PSOによるIIRフィルタ設計,第27回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.45-49,2014
  9. 笹原知博,金丸真健,陶山健仁:ACOによるCSD係数FIRフィルタ設計の高速化,第27回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.39-44,2014
  10. 大森征一,陶山健仁:PSOによる複数話者追尾における同一方向推定回避,第26回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.132-137,2013
  11. 齋藤一幾,陶山健仁:ペナルティ関数付加によるCSD係数FIRフィルタ設計のための局所解停留回避,第26回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.114-119,2013
  12. 大森征一,前田繰一朗,松本拓也,陶山健仁:PSOを用いた複数解探索による音源追尾法の提案,第25回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.337-342,2012
  13. 伊東洋祐,陶山健仁:SOAによるIIRフィルタ設計のための初期値検討,第25回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.144-149,2012
  14. 齋藤一幾,陶山健仁:StPSOによるCSD係数FIRフィルタ設計のための近傍解生成法の一検討,第25回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.138-143,2012
  15. 梅津浩史,陶山健仁:「時間−周波数」平面上のアクティブな音声エネルギーに追従する複数音源定位,第24回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.477-482,2011
  16. 前田繰一朗,増田央,陶山健仁:ヒストグラムの逐次更新による複数音源定位の検討,第24回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.471-476,2011
  17. 松本拓也,陶山健仁:PSOによる極と零点をパラメータとしてもつIIRフィルタの設計,第24回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.344-349,2011
  18. 小中原孝,陶山健仁:2段階のPSO探索によるCSD係数FIRフィルタの設計,第24回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.332-337,2011
  19. 堤俊太郎,陶山健仁:Ant Colony Optimizationによる有限語長FIRフィルタの設計,第24回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.104-109,2011
  20. 前田繰一朗,陶山健仁:音声の局在時間を考慮した複数音源定位,第9回情報科学技術フォーラム(FIT2010),RA-002,2010(採択率40.0%)
  21. 押田賢浩,大和田昇,陶山健仁:遅延和アレー法を用いた複数移動音源追尾の性能改善,第9回情報科学技術フォーラム(FIT2010),RE-001,2010(採択率40.0%)
  22. 松本拓也,陶山健仁:線形半無限計画法による通過域平坦阻止域等リプル振幅特性をもつ安定な平坦群遅延IIRフィルタの最適設計,第9回情報科学技術フォーラム(FIT2010),RA-002,2010(採択率43.8%)
  23. 高橋伸夫,陶山健仁:分枝限定法によるCSD係数FIRフィルタ設計の高速化,第23回回路とシステム軽井沢ワークショップ予稿集,pp.101-106,2010
  24. 梅津浩史,関幸夫,染谷貴徳,陶山健仁:音声のスパース性に基づく複数音源定位の性能改善,第23回回路とシステム軽井沢ワークショップ予稿集,pp.137-142,2010
  25. 小中原孝,高橋伸夫,陶山健仁:Particle Swarm OptimizationによるCSD係数FIRフィルタの設計,第23回回路とシステム軽井沢ワークショップ予稿集,pp.155-160,2010
解説論文・記事
  1. 陶山健仁:マイクロホンアレーによる音源追尾技術,第29回回路とシステムワークショップ予稿集,pp.181-183,2016(招待講演)
  2. 越田俊介,陶山健仁:ディジタルフィルタの研究動向と課題−「良い」ディジタルフィルタを作り,そして広めるためには?−,電子情報通信学会,Fundamentals Review,Vol.9,No.1,pp.24-36,2015
  3. 陶山健仁:第27回 回路とシステムワークショップ(KWS27)開催報告,電子情報通信学会,Fundamentals Review,Vol.8,No.2,pp.117-119,2014
  4. 陶山健仁:マイクロホンアレイによる移動音源追尾,日本音響学会誌,Vol.70,No.7,pp.373-378,2014
  5. 平林隆一, 陶山健仁:ディジタルフィルタ設計への数理計画法の応用,システム/制御/情報,Vol.47,No.6,pp.284-289,2003

技術報告
  1. 山本健造,陶山健仁:設計仕様変更によるIIRフィルタ設計,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2016-25,pp.133-138,2016
  2. 大宮健太,陶山健仁:MUSICに基づく2マイクロホン音源追尾の一検討,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2016-51,pp.91-96,2016
  3. 篠原尚希,陶山健仁:非定常雑音環境下における音源分布に基づいた目的音強調法,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2015-138,pp.135-139,2016
  4. 大宮健太,平川真里,陶山健仁:可変探索パラメータをもつPSOによる2マイクロホン音源追尾,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2015-137,pp.129-133,2016
  5. 笹原知博,陶山健仁:CSD係数FIRフィルタ設計のための回路規模に対する設計誤差の検証,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2015-136,pp.123-127,2016
  6. 泉雄大,陶山健仁:マイクロホン間の伝達系の同定に基づく音源定位,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2015-66,pp.27-32,2016
  7. 中澤克弥,陶山健仁:評価関数の乗算による複数音源追尾,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2015-65,pp.23-26,2016
  8. 有江勇人,陶山健仁:多様化を促進するGAによるCSD係数FIRフィルタ設計,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2015-64,pp.19-22,2016
  9. 會見春奈,陶山健仁:PSOによる制約付きIIRフィルタの設計,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2015-63,pp.13-17,2016 (2015年度電子情報通信学会回路とシステム研究会学生優秀賞受賞)
  10. 山本健造,陶山健仁:ペナルティ付加範囲を調整するPSOによるIIRフィルタ設計,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2015-62,pp.7-11,2016
  11. 椎木悠介,陶山健仁:円形マイクロホンアレーを用いた全方位複数音源追尾,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2015-61,pp.1-6,2016
  12. 檀原嵩博,北原清貴,陶山健仁 : 継続的探索を行う0-1PSOによるCSD係数FIRフィルタ設計,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2015-55,pp.77-82,2015
  13. 山本健造,西村勇司,陶山健仁 : 集中化と多様化を交互に繰り返すPSOによるIIRフィルタ設計,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2015-54,pp.71-76,2015
  14. 平川真里,陶山健仁:0-1信頼性分布を用いた逐次更新ヒストグラムによる複数音源追尾,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2014-123,pp.61-66,2015
  15. 青木繁治,陶山健仁:複数の重み付け加算回路を用いた2マイクロホンによる音源分離,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2014-171,pp.323-328,2015
  16. 笹原知博,陶山健仁:ACOによるCSD係数FIRフィルタ設計における探索経路の削減,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2014-111,pp.33-38,2015 (2014年度電子情報通信学会回路とシステム研究会学生優秀賞受賞)(IEEE Circuits And Systems Japan Chapter, Best Student Award受賞)
  17. 曾見春奈,陶山健仁:複数群PSOによる個体再配置法に基づいたIIRフィルタ設計,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2014-110,pp.27-32,2015
  18. 越田俊介,陶山健仁:シンポジウム「高性能ディジタルフィルタの設計・実現とその応用」を振り返って,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2014-108,pp.17-20,2015
  19. 青木繁治,陶山健仁:抑圧区間を拡大した指向性による移動音源分離,電気学会制御研究会,2015
  20. 平川真里,陶山健仁:不等間隔マイクロホンアレーによる0-1信頼性分布を用いた複数音源追尾,電気学会制御研究会,2015
  21. 笹原知博,陶山健仁:探索経路を削減したACOによるCSD係数FIRフィルタ設計,電気学会制御研究会,2015
  22. 今泉拓也,陶山健仁:CSD係数FIRフィルタ設計における効果的な部分問題数削減,電気学会制御研究会,2015
  23. 榊原昇太,陶山健仁:遮断周波数変動に対する再最適化による高速なFIRフィルタ設計,電気学会制御研究会,2015
  24. 曾見春奈,陶山健仁:個体再配置による複数群PSOを用いたIIRフィルタ設計,電気学会制御研究会,2015
  25. 西村勇司,陶山健仁:停留回避ペナルティを用いたPSOによるIIRフィルタ設計,電気学会制御研究会,2015
  26. 青木繁治,陶山健仁:マイクロホン間隔を拡張した移動音源分離,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2013-99,pp.53-58,2014
  27. 平川真里,陶山健仁:MUSICに基づくペナルティ付加による複数音源追尾,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2013-98,pp.47-52,2014 (2013年度電子情報通信学会回路とシステム研究会学生優秀賞受賞)
  28. 西村勇司,陶山健仁:IIRフィルタ設計問題に対する複数群PSOによる手法,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2013-150,pp.83-86,2014
  29. 今泉拓也,陶山健仁:0-1PSOによるCSD係数FIRフィルタ設計のパラメータ検証,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2013-149,pp.77-82,2014
  30. 榊原昇太,陶山健仁:遮断周波数変動時の高速なFIRフィルタ設計法,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2013-148,pp.71-76,2014
  31. 平川真里,陶山健仁:PSOを用いた音声のスパース性に基づく複数音源追尾,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2013-76,pp.19-24,2014
  32. 青木繁治,陶山健仁:2マイクロホンによる音源分離の性能検証,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2013-74,pp.9-14,2014
  33. 西村勇司,陶山健仁:停留時にペナルティを付加するIIRフィルタ設計,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2013-73,pp.5-8,2014
  34. 今泉拓也,陶山健仁:近接最適性原理に基づくCSD係数FIRフィルタ設計の性能検証,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2013-72,pp.1-4,2014
  35. 宮田統馬,陶山健仁:PSOを用いたスパースFIRフィルタ設計の一検討,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2013-107,pp.129-132,2014
  36. 鈴木毅,陶山健仁:0-1信頼性分布を用いた複数音源追尾の一提案,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2013-106,pp.123-128,2014
  37. 伊東洋祐,陶山健仁:複数群を用いたPSOによるIIRフィルタ設計のための局所解停留回避の一検討,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2013-105,pp.117-122,2014
  38. 青木繁治,陶山健仁:2マイクロホンの指向性制御による音源分離の一提案,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2013-79,pp.67-72,2013
  39. 榊原昇太,陶山健仁:線形半無限計画法によるFIRフィルタ設計における再最適化適用の検討,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2013-77,pp.55-60,2013
  40. 西村勇司,陶山健仁:PSOによるIIRフィルタ設計における局所解停留回避の一検討,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2013-76,pp.49-54,2013
  41. 今泉拓也,陶山健仁:GAによる近接最適性原理に基づくCSD係数FIRフィルタ設計,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2013-75,pp.43-48,2013
  42. 伊東洋祐,陶山健仁:ヒューリスティック解法による2次元指向性設計,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2013-35,pp.25-30,2013
  43. 松田尚頼,陶山健仁:複数音源追尾におけるパーティクルの集中化回避,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2013-34,pp.19-24,2013
  44. 鈴木毅,陶山健仁:逐次更新ヒストグラムに基づく音源追尾の複数音源への拡張,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2012-141,pp.81-86,2013
  45. 齋藤一幾,陶山健仁:PSOによるCSD係数FIRフィルタ設計のための局所解停留回避の一提案,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2012-71,pp.29-34,2013
  46. 藤崎陽一,陶山健仁:Particle Swarmによる画像と音声に基づく人物追跡の一検討,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2010-184,pp.383-388,2011
  47. 押田賢浩,陶山健仁:パーティクルフィルタによる複数移動音源追尾の高速化の一検討,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2010-183,pp.377-382,2011
  48. 高橋伸夫,陶山健仁:分枝限定法によるCSD係数FIRフィルタ設計のための初期解の一検討,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2010-165,pp.369-374,2011
  49. 北村祥介,陶山健仁:重み関数の更新による安定なIIRフィルタの準等リプル設計法,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2010-164,pp.363-368,2011
  50. 松本拓也,陶山健仁:PSOを用いた極零点配置によるIIRフィルタの設計,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2010-74,pp.53-58,2010
  51. 小中原孝,陶山健仁:摂動を付加したPSOによるCSD係数FIRフィルタの設計,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2010-73,pp.47-52,2010
  52. 北村祥介,陶山健仁:重み関数の更新によるFIRフィルタの準等リプル設計,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2010-70,pp.31-36,2010 (2010年度電子情報通信学会回路とシステム研究会学生優秀賞受賞)
  53. 北村祥介,陶山健仁:重み関数の更新によるマイクロホンアレーの2次元指向性設計,電子情報通信学会応用音響研究会,電子情報通信学会技術報告,EA2010-61,pp.19-24,2010
  54. 梅津浩史,陶山健仁:評価関数値の変動に応じた忘却係数をもつ複数音源定位法,電子情報通信学会応用音響研究会,電子情報通信学会技術報告,EA2010-60,pp.13-18,2010
  55. 前田繰一朗,陶山健仁:スパース性に基づく複数音源定位における分布当てはめに関する一検討,電子情報通信学会応用音響研究会,電子情報通信学会技術報告,EA2010-49,pp.37-42,2010
  56. 押田賢浩,大和田昇,陶山健仁:マイクロホン数削減による複数移動音源追尾の高速化,電子情報通信学会応用音響研究会,電子情報通信学会技術報告,EA2010-48,pp.31-36,2010
  57. 嶋田守孝,押田賢浩,大和田昇,陶山健仁:マイクロホン間隔の拡張による移動音源追尾の性能改善,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2009-186, pp.301-306, 2010
  58. 高橋伸夫,陶山健仁:分枝限定法によるCSD係数FIRフィルタ設計のための部分問題数の削減,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2009-135, pp.267-272, 2010
  59. 前田繰一朗,関幸夫,染谷貴徳,陶山健仁:音声のスパース性を用いた複数音源定位法の一考察,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2009-174, pp.255-256, 2010
  60. 梅津浩史,関幸夫,染谷貴徳,陶山健仁:空間エイリアシングを考慮した複数音源定位の一検討,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2009-173, pp.253-254, 2010
  61. 押田賢浩,大和田昇,陶山健仁:PESQによる移動音源追尾手法の性能評価,電子情報通信学会応用音響研究会,電子情報通信学会技術報告,EA2009-78, pp.13-18, 2009
  62. 関幸夫,陶山健仁:空間エイリアシングを考慮した複数音源定位法の性能改善,電子情報通信学会応用音響研究会,電子情報通信学会技術報告,EA2009-77, pp.7-12, 2009
  63. 北村祥介,陶山健仁:方向拘束条件を有するマイクロホンアレーの最適指向性設計,電子情報通信学会応用音響研究会,電子情報通信学会技術報告,EA2009-41,pp.25-30,2009
  64. 大和田昇,陶山健仁:複数移動音源追尾のための初期値設定手法の一検討,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2009-26,pp.43-48,2009
  65. 染谷貴徳,陶山健仁:信頼性重み付け分布による複数音源定位の性能改善,電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告,SIP2008-181,pp.101-106,2009
  66. 大和田昇,辻大亮,陶山健仁:複数移動話者追尾における固有ベクトルの割り当て問題に関する一検討,電子情報通信学会応用音響研究会,電子情報通信学会技術報告,EA2008-57,pp.71-76,2008
  67. 染谷貴徳,陶山健仁:拡張ヒストグラムを用いた複数音源定位の一検討,電子情報通信学会応用音響研究会,電子情報通信学会技術報告,EA2008-38,pp.7-12,2008
  68. 辻大亮,陶山健仁:内点最小2乗法による移動話者追尾の性能改善,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2007-102,pp.49-54,2008
  69. 山崎崇之,陶山健仁:正実性に基づく安定なIIRフィルタのチェビシェフ近似設計,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2007-89,pp.31-36,2008
  70. 尾崎裕一,陶山健仁:非零桁数削減のための離散係数FIRフィルタ設計法,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2007-88,pp.25-30,2008
  71. 辻大亮,陶山健仁:逐次更新則による安定な移動音源追尾,電子情報通信学会応用音響研究会,電子情報通信学会技術報告,EA2007-78,pp.33-38,2007
  72. 辻大亮,陶山健仁:移動音源環境下における逐次信号部分空間推定に基づく目的音抽出,電子情報通信学会応用音響研究会,電子情報通信学会技術報告,EA2006-88,pp.43-48,2006
  73. 尾崎裕一,陶山健仁:CSD係数をもつFIRフィルタ設計におけるスケーリング効果の検証,電子情報通信学会回路とシステム研究会,電子情報通信学会技術報告,CAS2006-47,pp.31-36, 2006 (2006年度電子情報通信学会回路とシステム研究会優秀学生賞受賞)
口頭発表
  1. 篠原尚希,陶山健仁:音源分布に基づいて教師信号を生成する目的音強調法,第31回信号処理シンポジウム予稿集,pp.83-84,2016
  2. 笹原知博,陶山健仁:メタヒューリスティックによるCSD係数FIRフィルタ設計における探索過程の検証,第31回信号処理シンポジウム予稿集,pp.324-329,2016
  3. 笹原知博,陶山健仁:CSD係数FIRフィルタ設計法の探索過程の検証,2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会,A-8-6,p.97,2016 (2016年度電子情報通信学会学術奨励賞受賞)
  4. 笹原知博,陶山健仁:CSD係数FIRフィルタ設計法における探索過程の検証,平成28年電気学会電子・情報・システム部門大会予稿集,pp.505-510,2016
  5. 有江勇人,陶山健仁:大域的探索を行うGAによるCSD係数FIRフィルタ設計,平成28年電気学会電子・情報・システム部門大会予稿集,pp.499-504,2016
  6. Kenta Omiya and Kenji Suyama:Sound Source Tracking via Two Microphones Using PSO Based on MUSIC, 平成28年電気学会電子・情報・システム部門大会予稿集,pp.1418-1419, 2016
  7. Kenzo Yamamoto and Kenji Suyama:Design of IIR Filters Using PSO with A Fixed Penalty Range, 平成28年電気学会電子・情報・システム部門大会予稿集,pp.1386-1387, 2016
  8. Haruna Aimi and Kenji Suyama:Design of IIR Filters Having Null Frequency Using PSO, 平成28年電気学会電子・情報・システム部門大会予稿集,pp.1388-1389, 2016(Outstanding Student Presentation Award受賞)
  9. 篠原尚希:音源方向の変動に基づいて線形フィルタを学習する目的音強調法,電気学会東京支部第7回学生研究発表会,7-1,2016(予稿なし)(優秀発表賞受賞)
  10. 大宮健太:追尾状況に適したペナルティ関数を用いる複数音源追尾,電気学会東京支部第7回学生研究発表会,3-8,2016(予稿なし)(優秀発表賞受賞)
  11. 礒本剛:線形計画法によるマイクロホンアレーの最適指向性設計,電気学会東京支部第7回学生研究発表会,8-5,2016(予稿なし)
  12. 崎田拓臣:PSOによる個体再配置法に基づいたIIRフィルタ設計,電気学会東京支部第7回学生研究発表会,10-7,2016(予稿なし)
  13. 中島直樹:多様性を向上したACOによるCSD係数FIRフィルタ設計,電気学会東京支部第7回学生研究発表会,6-3,2016(予稿なし)
  14. 石山仁,會見春奈,陶山健仁:生体信号を対象とした信号処理実験教育,2016年電子情報通信学会総合大会,AS-2-2,2016
  15. 山本健造,陶山健仁:ペナルティ付加範囲調整型PSOによるIIRフィルタ設計,平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.37,2016
  16. 中澤克弥,陶山健仁:空間エイリアシング回避による複数音源追尾の性能改善,平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.35,2016
  17. 磯本剛,陶山健仁:タブーサーチによるスパースFIRフィルタの設計,平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.33,2016
  18. 笹原知博,陶山健仁:ACOに基づくCSD係数FIRフィルタ設計,平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.28,2016
  19. 會見春奈,陶山健仁:複数群PSOによる阻止域にヌル周波数をもつIIRフィルタ設計,平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.26,2016
  20. 檀原嵩博,陶山健仁:0-1PSOによるCSD係数FIRフィルタ設計の性能改善,平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.18,2016
  21. 有江勇人,陶山健仁:GAによるCSD係数FIRフィルタ設計のための多様化戦略,平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.16,2016
  22. 大宮健太,陶山健仁:探索状態を制御する2マイクロホン音源追尾手法,平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.14,2016
  23. 篠原尚希:適応型マイクロホンアレーにおける教師信号生成手法,平成27年度電気学会東京支部 第6回学生研究発表会,5-10,2015(予稿なし)
  24. 磯本剛:PSOによるスパースFIRフィルタの設計,平成27年度電気学会東京支部 第6回学生研究発表会,5-9,2015(予稿なし)
  25. 有江勇人:GAによるCSD係数FIRフィルタ設計に有効な遺伝操作,平成27年度電気学会東京支部 第6回学生研究発表会,3-8,2015(予稿なし)
  26. 大宮健太:音声のスパース性に基づく2マイクロホンによる複数音源追尾,平成27年度電気学会東京支部 第6回学生研究発表会,3-7,2015(予稿なし)
  27. 山本健造:ペナルティ付加範囲固定型PSOによるIIRフィルタ設計,平成27年度電気学会東京支部 第6回学生研究発表会,3-6,2015(予稿なし)(優秀発表賞受賞)
  28. 吉崎剛史:再最適化によるFIRフィルタ設計の高速化,平成27年度電気学会東京支部 第6回学生研究発表会,4-3,2015(予稿なし)
  29. 中澤克弥:逐次解法に基づく複数音源追尾,平成27年度電気学会東京支部 第6回学生研究発表会,4-2,2015(予稿なし)
  30. 檀原嵩博:改良0-1PSOによるCSD係数FIRフィルタ設計の早期収束回避,平成27年度電気学会東京支部 第6回学生研究発表会,4-1,2015(予稿なし)(優秀発表賞受賞)
  31. Haruna Aimi and Kenji Suyama : A Method for Selecting Reallocation Swarms in Design of IIR Filters,平成27年電気学会電子・情報・システム部門大会,SS7-3,2015
  32. Tomohiro Sasahara and Kenji Suyama : Performance Evaluation of CSD Coefficient FIR Filters Design Using ACO,平成27年電気学会電子・情報・システム部門大会,SS7-2,2015(Outstanding Student Presentation Award受賞)
  33. 笹原知博,陶山健仁:改良ACO探索経路モデルによるCSD係数FIRフィルタ設計,平成26年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.48,2015
  34. 曾見春奈,陶山健仁:複数群PSOに基づく個体再配置法によるIIRフィルタ設計,平成26年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.41,2015
  35. 平川真里,陶山健仁:不等間隔マイクロホンアレーによる逐次更新ヒストグラムに基づく複数音源追尾,第29回信号処理シンポジウム,P5-2,2014 (平成26年度信号処理若手奨励賞受賞)
  36. 曾見春奈,陶山健仁:IIRフィルタ設計のための複数群PSOを用いた個体再配置,第29回信号処理シンポジウム,B4-2,2014
  37. 笹原知博,陶山健仁:集中化を緩和したACOによるCSD係数FIRフィルタ設計,第29回信号処理シンポジウム,B4-1,2014
  38. 宮田統馬,陶山健仁:PSOを用いたスパースFIRフィルタの一設計法,2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会,AS-1-9,2014
  39. 今泉拓也,陶山健仁:CSD係数FIRフィルタの最適設計の高速化,2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会,AS-1-5,2014
  40. 西村勇司,陶山健仁:複数群PSOによるIIRフィルタ設計,2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会,AS-1-4,2014 (2014年度電子情報通信学会学術奨励賞受賞)
  41. 今泉拓也,陶山健仁:分枝限定法によるCSD係数FIRフィルタ設計の高速化,平成26年度電気学会電子・情報・システム部門大会,PS5-6,pp.-,2014
  42. 笹原知博:ACOによる高速なCSD係数FIRフィルタ設計,平成26年度電気学会東京支部カンファレンス学生研究発表会,2014(予稿なし)
  43. 曾見春奈:個体再配置によるIIRフィルタ設計,平成26年度電気学会東京支部カンファレンス学生研究発表会,2014(予稿なし)
  44. 平川真里,陶山健仁:ペナルティ付加PSOによる複数音源追尾,2014年電子情報通信学会総合大会,A-4-9,2014
  45. 青木繁治,陶山健仁:仮想マイクロホン信号を用いた移動音源分離,2014年電子情報通信学会総合大会,A-4-8,2014
  46. 西村勇司,陶山健仁:複数群をもつPSOによるIIRフィルタ設計における停留回避,2014年電子情報通信学会総合大会,A-4-2,2014
  47. 榊原昇太,陶山健仁:再最適化による遮断周波数変動時のFIRフィルタの設計,2014年電子情報通信学会総合大会,A-4-1,2014
  48. 青木繁治,陶山健仁:仮想マイクロホン信号を用いた移動音源分離,第19回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,p.52,2014
  49. 椎木悠介,陶山健仁:複数移動音源追尾における追尾対象入れ替り問題の回避,第19回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,p.49,2014(学生奨励賞受賞)
  50. 平川真里,陶山健仁:ペナルティ付加PSOによる複数音源追尾,第19回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,p.46,2014
  51. 泉雄大,陶山健仁:パーティクルフィルタによる音源追尾における尤度関数の検証,第19回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,p.42,2014
  52. 榊原昇太,陶山健仁:再最適化による遮断周波数変動時のFIRフィルタの設計,第19回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,p.39,2014
  53. 丸山航平,陶山健仁:移動音源分離のためのヌル配置の検討,第19回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,p.36,2014(学生奨励賞受賞)
  54. 西村勇司,陶山健仁:複数群をもつPSOによるIIRフィルタ設計における停留回避,第19回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,p.33,2014
  55. 今泉拓也,陶山健仁:近接最適性原理によるCSD係数FIRフィルタの設計,第19回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,p.29,2014
  56. 西村勇司,陶山健仁:PSOによるIIRフィルタ設計のための早期収束回避法,第28回信号処理シンポジウム,C6-4,2013
  57. 榊原昇太,陶山健仁:再最適化によるFIRフィルタ設計の高速化,第28回信号処理シンポジウム,C6-1,2013
  58. 今泉拓也,陶山健仁:近接最適性原理に基づくCSD係数FIRフィルタの設計,第28回信号処理シンポジウム,P2-1,2013
  59. 齋藤一幾,陶山健仁:CSD係数FIRフィルタ設計における局所解停留回避のためのペナルティ関数の検証,第28回信号処理シンポジウム,P1-2,2013
  60. 金丸真健,陶山健仁:Ant Colony OptimizationによるCSD係数FIRフィルタの設計,第28回信号処理シンポジウム,P1-1,2013
  61. 青木繁治,陶山健仁:複数の重み付け加算回路を用いた移動音源分離,第28回信号処理シンポジウム,C1-2,2013
  62. 鈴木毅,陶山健仁:マイクロホン間隔拡張による複数音源追尾の性能改善,平成25年度電気学会電子・情報・システム部門大会,PS3-6,pp.1847-1848,2013
  63. 金丸真健,陶山健仁:ACOによるCSD係数FIRフィルタ設計,平成25年度電気学会電子・情報・システム部門大会,PS4-6,pp.1869-1870,2013(優秀ポスター賞受賞)
  64. 泉雄大:パーティクルフィルタによる音源追尾のための尤度関数の検討,電気学会東京支部第4回学生研究発表会,2013(予稿なし)
  65. 椎木悠介:逐次更新ヒストグラムに基づく複数音源定位,電気学会東京支部第4回学生研究発表会,2013(予稿なし)(優秀発表賞受賞)
  66. 丸山航平:2マイクロホンによる音源分離,電気学会東京支部第4回学生研究発表会,2013(予稿なし)
  67. 西村勇司,陶山健仁:PSOによるIIRフィルタ設計における早期収束回避の検討,2013年電子情報通信学会総合大会講演論文集,A-4-33,2013
  68. 今泉拓也,陶山健仁:PSOによるCSD係数FIRフィルタの有効な非零桁配置,2013年電子情報通信学会総合大会講演論文集,A-4-20,2013
  69. 鈴木毅,陶山健仁:逐次更新ヒストグラムに基づく音源追尾の複数音源への拡張,2013年電子情報通信学会総合大会講演論文集,A-4-12,2013
  70. 青木繁治,陶山健仁:バイナリマスクによるブラインド音源分離の性能評価,平成24年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.27,2013(学生奨励賞受賞)
  71. 今泉拓也,陶山健仁:PSOによる有効な非零桁配置をもつCSD係数FIRフィルタの設計,平成24年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.26,2013
  72. 西村勇司,陶山健仁:PSOによるIIRフィルタ設計における局所解停留回避の検討,平成24年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.20,2013
  73. 榊原昇太,陶山健仁:線形半無限計画法によるセンサアレーの最適指向性設計,平成24年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.19,2013
  74. 平川真里,陶山健仁:マイクロホンアレーによる複数移動音源追尾の高速化,平成24年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.18,2013
  75. 鈴木毅,陶山健仁:2マイクロホンによる複数音源追尾,平成24年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.13,2013(学生奨励賞受賞)
  76. 松田尚頼,陶山健仁:複数音源追尾のためのパーティクルの集中化回避,平成24年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.12,2013
  77. 金丸真健,陶山健仁:ACOによる離散係数FIRフィルタ設計の性能改善,平成24年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.7,2013
  78. 齋藤一幾,陶山健仁:PSOによるFIRフィルタ設計のための局所解停留回避,平成24年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.6,2013
  79. 大森征一,陶山健仁:PSOによる複数移動音源追尾,平成24年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会予稿集,p.5,2013
  80. 伊東洋祐,陶山健仁:ヒューリスティック解法によるマイクロホンアレーの指向性設計の一検討,第27回信号処理シンポジウム予稿集,A7-5,2012
  81. 金丸真健,陶山健仁:ACOによる離散係数FIRフィルタ設計の性能改善,第27回信号処理シンポジウム予稿集,A7-6,2012
  82. 松田尚頼,陶山健仁:複数群からなるパーティクルフィルタによる音源追尾における集中化回避,電気学会電子・情報・システム部門大会,GS5-5,2012
  83. 鈴木毅,陶山健仁:ヒストグラムの逐次更新による単一音源追尾,電気学会電子・情報・システム部門大会,PS4-8,2012(優秀ポスター賞受賞)
  84. 齋藤一幾,陶山健仁:2段階PSOによるCSD係数FIRフィルタ設計の性能改善,電気学会電子・情報・システム部門大会,PS1-13,2012
  85. 平川真里:マイクロホンアレーによる複数移動音源追尾の高速化,電気学会東京支部第3回学生研究発表会,2012(予稿なし)
  86. 青木繁治:音声のスパース性に基づく信頼性重み付け分布による複数音源定位,電気学会東京支部第3回学生研究発表会,2012(予稿なし)
  87. 西村勇司:SOAによるIIRフィルタの設計,電気学会東京支部第3回学生研究発表会,2012(予稿なし)
  88. 榊原昇太:線形半無限計画法によるマイクロホンアレーの最適指向性設計,電気学会東京支部第3回学生研究発表会,2012(予稿なし)
  89. 今泉拓也:StPSOによるCSD係数FIRフィルタ設計,電気学会東京支部第3回学生研究発表会,2012(予稿なし)
  90. 梶田卓史:複素チェビシェフ近似によるFIR分数微分フィルタの設計,電気学会東京支部第3回学生研究発表会,2012(予稿なし)
  91. 大森征一,前田繰一朗,松本拓也,陶山健仁:PSOによる移動音源追尾の一提案,電子情報通信学会総合大会予稿集,A-4-29,2012
  92. 伊藤洋祐,陶山健仁:SOAによるIIRフィルタ設計の一検討,電子情報通信学会総合大会予稿集,A-4-19,2012
  93. 齋藤一幾,陶山健仁:StPSOによるCSD係数FIRフィルタの設計の一検討,電子情報通信学会総合大会予稿集,A-4-18,2012
  94. 松田尚頼,陶山健仁:パーティクルフィルタによる移動音源追尾の高速化,電子情報通信学会総合大会学生ポスターセッション,2012
  95. 金丸真健,陶山健仁:ACOによる離散係数FIRフィルタ設計,電子情報通信学会総合大会学生ポスターセッション,2012
  96. 鈴木毅,陶山健仁:混合分布モデル当てはめによる複数音源定位,電子情報通信学会東京支部学生研究発表会講演論文集,p.101,2012
  97. 松田尚頼,陶山健仁:運動モデルをもつパーティクルフィルタを用いた移動音源追尾,電子情報通信学会東京支部学生研究発表会講演論文集,p.100,2012
  98. 大森征一,陶山健仁:Particle Swarm Optimizationによる移動音源追尾,電子情報通信学会東京支部学生研究発表会講演論文集,p.99,2012
  99. 金丸真健,陶山健仁:ACOによる離散係数FIRフィルタ設計の一考察,電子情報通信学会東京支部学生研究発表会講演論文集,p.78,2012
  100. 伊藤洋祐,陶山健仁:Seeker Optimization AlgorithmによるIIRフィルタの設計,電子情報通信学会東京支部学生研究発表会講演論文集,p.77,2012(学生奨励賞受賞)
  101. 齋藤一幾,陶山健仁:StPSOによるCSD係数FIRフィルタの設計,電子情報通信学会東京支部学生研究発表会講演論文集,p.76,2012
  102. 前田繰一朗,増田央,陶山健仁:逐次更新ヒストグラムに基づく複数音源定位の一検討,第26回信号処理シンポジウム,B4-1,pp.404-409,2011
  103. 梅津浩史,陶山健仁:局在音声エネルギー追従型音源定位法の一検討,第26回信号処理シンポジウム,B4-2,pp.410-415,2011
  104. 陶山健仁,前田繰一朗,梅津浩史:音声のスパース性に基づく複数音源定位,2010年東京電機大学総合研究所年報,No.30,pp.127-132,2011
  105. 松本拓也,陶山健仁:PSOによる安定なIIRフィルタの複素近似設計,電気学会電子・情報・システム部門大会,PS6-5,pp.1651-1652,2011(優秀ポスター賞受賞)
  106. 堤俊太郎,陶山健仁:ACOによる離散係数ディジタルフィルタ設計,電気学会電子・情報・システム部門大会,PS6-6,pp.1653-1654,2011(優秀ポスター賞受賞)
  107. 小中原孝,陶山健仁:PSOによるCSD係数FIRフィルタ設計における停留回避の一検討,電気学会電子・情報・システム部門大会,PS6-7,pp.1655-1656,2011
  108. 鈴木毅:音声の局在時間を考慮した複数音源定位の一検討,電気学会東京支部第2回学生研究発表会,2011(予稿なし)
  109. 大森征一:音源追尾法を適用した2マイクロホンによる複数音源定位,電気学会東京支部第2回学生研究発表会,2011(予稿なし)
  110. 齋藤一幾:PSOを用いたCSD係数FIRフィルタの高速設計,電気学会東京支部第2回学生研究発表会,2011(予稿なし)(優秀発表賞受賞)
  111. 金丸真健:ACOによる有限語長FIRフィルタの設計,電気学会東京支部第2回学生研究発表会,2011(予稿なし)(優秀発表賞受賞)
  112. 伊東洋祐:PSOによる極と零点をパラメータとするIIRフィルタの複素近似設計,電気学会東京支部第2回学生研究発表会,2011(予稿なし)(優秀発表賞受賞)
  113. 梅津浩史,陶山健仁:音声の局在性を利用した複数音源定位,電子情報通信学会2011年総合大会,情報・システムソサイエティ特別企画学生ポスターセッション,ISS-P-310,p.163,2011
  114. 小中原孝,陶山健仁:2段階PSOによるCSD係数FIRフィルタの設計,電子情報通信学会2011年総合大会,情報・システムソサイエティ特別企画学生ポスターセッション,ISS-P-305,p.158,2011
  115. 前田繰一朗,増田央,陶山健仁:ヒストグラムの逐次更新による複数音源定位の検討,電子情報通信学会2011年総合大会,情報・システムソサイエティ特別企画学生ポスターセッション,ISS-P-206,p.83,2011
  116. 堤俊太郎,陶山健仁:アントコロニー最適化による離散係数FIRフィルタ設計の一検討,電子情報通信学会2011年総合大会,情報・システムソサイエティ特別企画学生ポスターセッション,ISS-P-202,p.79,2011
  117. 松本拓也,陶山健仁:摂動付加PSOを用いた極零点配置によるIIRフィルタの設計,電子情報通信学会2011年総合大会,情報・システムソサイエティ特別企画学生ポスターセッション,ISS-P-101,p.2,2011
  118. 梅津浩史,陶山健仁:逐次更新法による新しい複数音源定位,平成22年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,p.219,2011
  119. 前田繰一朗,陶山健仁:2マイクロホンによる複数音源定位法の性能評価,平成22年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,p.217,2011
  120. 堤俊太郎,陶山健仁:ACOによる離散係数FIRフィルタ設計の一検討,平成22年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,p.22,2011
  121. 小中原孝,陶山健仁:2段階探索をもつPSOによるCSD係数FIRフィルタ設計,平成22年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,p.21,2011
  122. 梅津浩史,陶山健仁:可変忘却係数をもつ2マイクロホンによる複数音源定位,第25回信号処理シンポジウム,A2-5,pp.53-58,2010
  123. 藤崎陽一,陶山健仁:Particle Swarmに基づく人物追跡の一検討,第9回情報科学技術フォーラム(FIT2010),H-033,2010
  124. 松本拓也,陶山健仁:種々の制約条件を有するIIRフィルタの統一的な設計法,電気学会電子・情報・システム部門大会,GS13-5,2010
  125. 押田賢浩,大和田昇,陶山健仁:評価関数の乗算による複数移動音源追尾の性能改善,電気学会電子・情報・システム部門大会,GS5-4,2010
  126. 前田繰一朗,陶山健仁:複数の忘却係数を用いる複数音源定位の一検討,電気学会電子・情報・システム部門大会,GS5-3,2010
  127. 梅津浩史:2マイクロホンによる複数音源定位,電気学会東京支部主催第1回学生研究発表会,2010(予稿なし)(優秀発表賞受賞)
  128. 小中原孝:PSOを用いたCSD係数FIRフィルタの設計,電気学会東京支部主催第1回学生研究発表会,2010(予稿なし)(優秀発表賞受賞)
  129. 堤俊太郎:IIRフィルタによるQMFバンクの実現,電気学会東京支部主催第1回学生研究発表会,2010(予稿なし)(優秀発表賞受賞)
  130. 松本拓也:線形半無限計画法を用いたIIRフィルタの統一的な設計法,電気学会東京支部主催第1回学生研究発表会,2010(予稿なし)(優秀発表賞受賞)
  131. 前田繰一朗:音声の局在時間を考慮した複数音源定位の一検討,電気学会東京支部主催第1回学生研究発表会,2010(予稿なし)(優秀発表賞受賞)
  132. 梅津浩史,陶山健仁:エイリアシング指標に基づく複数音源定位の性能改善,平成21年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会講演論文集,p.18,2010
  133. 前田繰一朗,陶山健仁:拡張ヒストグラムによる複数音源定位の性能評価,平成21年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会講演論文集,p.17,2010
  134. 小中原孝,陶山健仁:Particle Swarm Optimizationによる離散係数FIRフィルタの設計,平成21年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会講演論文集,p.13,2010
  135. 松本拓也,陶山健仁:線形半無限計画法による安定なIIRフィルタの最適設計,平成21年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会講演論文集,p.12,2010 (東京支部学生奨励賞受賞)
  136. 押田賢浩,大和田昇,陶山健仁:逐次更新アルゴリズムによる複数移動音源追尾の高速化,電気学会電子・情報・システム部門大会,GS9-2,pp.1256-1261,2009 (平成21年度電子・情報・システム部門奨励賞受賞)
  137. 関幸夫,陶山健仁:拡張ヒストグラムによる複数音源定位の精度改善の一検討,電気学会電子・情報・システム部門大会,GS9-3,pp.1262-1265,2009
  138. 北村祥介,陶山健仁:線形半無限計画法によるマイクロホンアレーの最適指向性設計,電気学会電子・情報・システム部門大会,GS9-4,pp.1266-1271,2009
  139. 陶山健仁:マイクロホンアレーによる移動音源追尾の性能改善の検討,東京電機大学総合研究所平成20年度年報,2009
  140. 染谷貴徳,陶山健仁:音声のスパース性と局在性を用いた複数音源定位,第23回信号処理シンポジウム,B6-4,2008
  141. 大和田昇,陶山健仁:音源数推定を用いた複数移動音源追尾の一検討,第23回信号処理シンポジウム,P-13,2008
  142. 染谷貴徳,陶山健仁:推定結果に対する信頼性重み付けによる複数音源定位,電子情報通信学会ソサイエティ大会,A-10-6,2008
  143. 大和田昇,陶山健仁:信号部分空間追跡における2話者移動時の固有ベクトル割り当て問題の一検討,電子情報通信学会ソサイエティ大会,A-10-7,2008
  144. 染谷貴徳,陶山健仁:信頼性重み付け処理による複数音源定位,電気学会電子・情報・システム部門大会,GS11-4,pp.890-895,2008
  145. 大和田昇,陶山健仁:Juliusによる移動話者追尾の性能評価の一検討,電子情報通信学会総合大会,p.147,2008
  146. 染谷貴徳,陶山健仁:音声のスパース性に基づく移動話者追尾の一検討,電子情報通信学会総合大会,p.43,2008
  147. 辻大亮,陶山健仁:IPLSアルゴリズムによる安定な移動音源追尾,第22回信号処理シンポジウム,C2-3,2007
  148. 山崎崇之,陶山健仁:正実性に基づくIIRフィルタの安定領域の拡張法,第22回信号処理シンポジウム,A1-2,2007
  149. 尾崎裕一,陶山健仁:非零桁数に制約をもつ離散係数FIRフィルタ設計,第22回信号処理シンポジウム,A1-1,2007
  150. 陶山健仁:東京電機大学電気工学科における特徴ある授業と授業改善,電子情報通信学会技術者教育と優良実践研究会,2007
  151. 尾崎裕一,陶山健仁:離散係数FIRフィルタ設計におけるスケーリング効果の検証,電子情報通信学会総合大会,AS-1-3,2007
  152. 山崎崇之,陶山健仁:線形半無限計画法によるIIRフィルタの複素近似設計,電子情報通信学会総合大会,AS-1-2,2007
  153. 辻大亮,陶山健仁:PASTを用いた移動音源追尾における性能改善,電子情報通信学会総合大会,A-10-2,2007
  154. 津村浩一,陶山健仁:マイクロホンアレーを用いた実環境における安定な移動話者追尾,第21回信号処理シンポジウム,C5-4,2006
  155. 山崎崇之,陶山健仁:シンプレックス法の繰り返しによるIIRフィルタの複素チェビシェフ近似,第21回信号処理シンポジウム,D3-2,2006
  156. 辻大亮,陶山健仁:信号部分空間の逐次更新による移動話者追尾,第21回信号処理シンポジウム,C7-1,2006
  157. 陶山健仁:マイクロホンアレーによる高S/N受音システムの開発,東京電機大学総合研究所平成17年度研究報告会,2006
  158. 津村浩一,陶山健仁:内点最小2乗アルゴリズムを用いた移動話者追尾,電子情報通信学会総合大会,A-10-9,2006
  159. 陶山健仁, 伊藤利佳:MATLABによるディジタルフィルタの設計と最適化, 日本テクノセンター主催セミナー, 2004
  160. 陶山健仁,田崎丈晴, 高橋弘太, 平林隆一:2つのマイクロホンを用いた話者追尾の一検討, 第18回ディジタル信号処理シンポジウム, A5-6, 2003
  161. 伊藤利佳,藤江哲也,陶山健仁,平林隆一:ヒューリスティックを用いたCSD係数をもつFIRフィルタの新しい設計法, 第18回ディジタル信号処理シンポジウム, C5-6, 2003
  162. 田崎丈晴,陶山健仁,高橋弘太,平林隆一:音源定位を用いた2チャネルマイクロホンアレーによる話者追尾, 電子情報通信学会総合大会, A-10-9, 2003
  163. 藤江哲也,伊藤利佳,陶山健仁,平林隆一:数理計画法に基づく離散係数をもつFIRフィルタの設計, 第17回ディジタル信号処理シンポジウム, B3-2, 2002
  164. 田崎丈晴,陶山健仁,高橋弘太,平林隆一:2チャネルマイクロホンアレーを用いた話者追尾に関する一検討, 第17回ディジタル信号処理シンポジウム, C5-5, 2002
  165. Rika Ito, Tetsuya Fujie, Kenji Suyama and Ryuichi Hirabayashi: Design methods of FIR filters with SP2 coefficients using a new linear programming relaxation with triangle inequalities, The Second Japanese-Sino Optimization Meeting(JSOM2002), WA2-2, 2002
  166. 伊藤利佳,藤江哲也,陶山健仁,平林隆一:A new LP relaxation with triangle inequalities for designing FIR filters with SP2 coefficients,最適化:モデリングとアルゴリズム,共同研究リポート148,pp.40-43,2001
  167. Kenji Suyama, Kota Takahashi and Ryuichi Hirabayashi: A study of sound source localization using data selection, 第16回ディジタル信号処理シンポジウム, A3-4, pp.207-212, 2001
  168. 伊藤利佳,藤江哲也,陶山健仁,平林隆一:CSD係数をもつFIRフィルタの設計, 第16回ディジタル信号処理シンポジウム, C6-3, pp.547-552, 2001
  169. 高田憲一,陶山健仁,平林隆一,岩倉博:半無限最適化によるFIRフィルタの設計に関する一検討, 第16回ディジタル信号処理シンポジウム, C6-2, pp.541-546, 2001
  170. Rika Ito, Kenji Suyama and Ryuichi Hirabayashi: An exact quantization method for the design of linear phase FIR filter using semi-infinite linear programming, 2001年度日本オペレーションズ・リサーチ学会秋期研究発表会アブストラクト集, 2-C-8, pp.216-217, 2001
  171. 伊藤利佳,陶山健仁,平林隆一:整数半無限計画問題のFIRフィルタへの応用,最適化:モデリングとアルゴリズム,共同研究リポート148,pp.1-4,2001
  172. Rika Ito, Kenji Suyama and Ryuichi Hirabayashi: Design of FIR filter with discrete coefficients considering optimality, 第15回ディジタル信号処理シンポジウム, B1-4, pp.55-60, 2000
  173. 伊藤利佳,陶山健仁,平林隆一 : 最適性を考慮した離散係数FIRフィルタの設計法, 電子情報通信学会ソサイエティ大会, A-4-25, 2000
  174. 陶山健仁,平林隆一 : 内点法に基づく適応マイクロホンアレイの学習アルゴリズム, 電子情報通信学会総合大会, A-10-1, 2000

研究室のトップページに戻る